クレジットカード現金化で強制解約って本当?その理由を解説

クレジットカード現金化という言葉をお聞きになったことはありますか?
本来キャッシュレスで買い物をする為のクレジットカードを、現金化するというのはどういった意味なのでしょうか。
また、違法性やリスクはあるのか?それらを解説したいと思います。

クレジットカードを現金化する

クレジットカードには、買い物の後払いとして利用するショッピング枠。
そして現金の借入が可能なキャッシング枠があります。
クレジットカード現金化とは、キャッシング枠ではなくショッピング枠を利用して現金を入手しようとする行為です。
つまり、ショッピング枠を利用して商品を購入し、それらの商品を買い取り業者に売ることによって現金を入手するのです。
また、現金化を請け負っている業者からキャッシュバックを受け取ることによって現金化することも可能です。

クレジットカード現金化の具体的な仕組みと方法

では一体どういった仕組みで現金化するのか、詳しく見てみましょう。
まず、一番簡単な手段として行われる方法が買取方式です。
方法は至ってシンプル。
クレジットカードのショッピング枠を使って通常の買い物をし、それらを買い取り業者に転売して現金を得る方法です。
その際購入する商品は、換金率の高いブランド品や金券が選ばれます。
もう一つの方法は、大手クレジットカード現金化を行っている専門の業者からキャッシュバックを受け取るというやり方。
クレジットカード現金化業者から安価な商品を高額で購入し、その見返りとして現金をキャッシュバックしてもらう方法です。

クレジットカード現金化の違法性

本来の用途とは異なるショッピング枠を利用した現金化。
ではこれらの行為に違法性はあるのでしょうか。
実は現在のところ違法性はありません。
確かに一見、ルールの穴をついた裏技のような行為なので法的なペナルティがあるように思います。
しかし、第三者の視点から見ればその現金化の行為が、明確な現金化の意図をもって行われたのか、結果的に現金化されたのかが法律上厳格に区別することが困難であるからです。
当初は本当に所有目的があってブランド品や金券を購入したものの、購入後に事情が変わりやむなく売ってしまうというパターンも実際にあり得ます。
こういった行為と現金化を意図した行為を法律上区別するのが現実的に難しいのです。

クレジットカード現金化で強制解約?その他のリスクも

では、法的なリスクがないからと言って積極的に利用してもよいのでしょうか。
実際は法律上罰せられることはないものの、それ以外のリスクがかなり付きまといます。
そもそもクレジットカード会社は、利用規約や会員規約で意図的な現金化に関わる行為を明確に禁止しています。
つまり法的な罰が無くとも、明確な利用規約違反として強制解約させられてしまうリスクが常に存在するのです。
更に、強制解約させられてしまうと信用情報に傷がつき、再度クレジットカードを所有することが困難になってしまいます。
また、現金化を請け負う業者も法律で規制されていない部分で商売をしようとしている存在です。
そのような所と関わることによって犯罪やトラブルに巻き込まれるリスクも当然頭に入れておかなければなりません。

結論・クレジットカード現金化には安易に手を出すべきでない

以上のようにクレジットカード現金化には違法性はないものの
  • 規約違反によってクレジットカードが強制解約されてしまうリスク
  • 強制解約によってクレジットカードそのものが以後所有できなくなる可能性
  • 透明性がない現金化業者を利用することによって犯罪やトラブルに巻き込まれるリスク
これらの危険性が常に隣り合わせです。
安易な動機で利用することのないよう心がけるようにしましょう。