クレジットカード現金化では他人名義のカードは使えない

旅行に行ったり買い物をしすぎて銀行口座の中にお金があまり残っていない、家賃や光熱費、学費を支払ったら手元にはほとんど現金が無いということもあります。
そんな時に友人の結婚式に誘われたり、親族の葬式ができたりしてお金を準備しなければならない時にはパニックになります。
今すぐにお金が必要な時に助かるのがクレジットカード現金化という方法です。
でも他人名義のクレジットカードを使って現金化できるのでしょうか?

クレジットカードの現金化では本人確認をする

クレジットカードの現金化とは、買い物をするときに使うショッピング枠を現金に変えるという方法です。
まずは現金化業者と連絡して、業者に指定された商品をクレジットカードで買います。
その後に同じ業者に中古品として売ります。
こうすることで現金が手に入ります。
中古用品を売り買いする時には、本人確認をすることが法律で決められているので、現金化を依頼した時に身分証の提示を求められます。
こうすることで現金化業者も利用者がどんな人間なのかが分かり、安心して取引が出来ます。

他人名義のクレジットカードは使えない

現金化業者が確認して身分証とクレジットカードの名義が異なる時には、取引に応じてくれません。
本人以外の人がクレジットカードを使うことは、カード会社の利用規約に反します。
仮にカードの持ち主が同意していたとしても、利用した時には窃盗罪や詐欺罪を疑われることもあります。
そのため現金化業者もリスクを避けるために、他人名義のクレジットカードを持つ利用者との取引には消極的です。

本人確認不要の現金化業者もいる

インターネットを見ているとクレジットカード現金化の業者の広告をたくさん目にします。
基本的には優良業者が多いですが、中には悪徳業者もいるので注意が必要です。
現金化業者の中にも本人確認不要で利用できる所もありますが、審査の基準が低いと悪徳業者である可能性も上がります。
悪徳業者はクレジットカードで決済させてから現金を支払わなかったり、高い手数料を取ったり、個人情報を消費者金融に流すなどの悪事を平気で働きます。
そのため本人確認不要など審査がいい加減な業者は、リスクがあるので避けた方が無難でしょう。

自分で現金化すれば他人名義のクレジットカードも使える

クレジットカードを持っていない人が現金を手にするには、現金化業者に頼らずに自分で現金化をする方法を取ります。
まず友人や家族と話をつけてクレジットカードを借りる事を承諾してもらいます。
そのクレジットカードを使ってブランド品のバッグやネックレスや時計などの商品を買います。
インターネットで買えばカード情報とセキュリティコードが分かれば、難しい審査は必要ありません。
または商品を買うことはカードの持ち主に依頼して、後から買った商品を自分でネットオークションで売却すれば完了です。

まとめ

クレジットカードの現金化は審査が簡単で、誰でも使えるメリットがあります。
そのため盗難されたクレジットカードが使われる可能性も高く、現金化業者は利用者の身分証を提示させ、利用者の素性を理解してから取引に応じてくれます。
基本的には他人名義のクレジットカードは使えないので注意しましょう。