クレジットカード現金化に家族カードを使う時は種類に要注意

クレジットカード現金化に家族カードを使う際には注意しておくべきポイントがいくつかあります。
そのポイントを理解していないとクレジットカード現金化に失敗してしまうこともあるので、業者に申し込みをする前に必ず家族カードの特性や使い方を改めて調べておくようにしましょう。

家族カードとは家族間で共有して使えるクレジットカードのこと

家族カードにはクレジットカードの審査を通過して発行される本カードと、本カードに付随する形で発行される追加カードの2種類があります。
このように家族カードには家族間で共有するカードという意味合い以上に、実際のカードに「親」と「子」が存在するという点を押さえておくようにしましょう。
クレジットカードとして契約されているのはあくまで「親」の本カードで、「子」の追加カードはそこから派生しただけのものに過ぎません。
子カードは決済機能を分け与えられてはいますが、ショッピングに利用できる残高は親カードや他の子カードと共有となり独立して使えるものではなくなっています。

家族カードでクレジットカード現金化が可能なのは「親」の本カードのみ

同じように見える家族カードであってもクレジットカードとしての価値は親カードと子カードで大きく異なります。
親カードは基本的には通常のクレジットカードなので、クレジットカード現金化に利用することも可能です。
しかし子カードはあくまで親カードから決済機能だけを分離させたものなので、ショッピング枠を自由に扱える権利を有していません。
またクレジットカード現金化のためには名義人が申し込みを行う必要がありますが、子カードの名義人は親カードの名義人と同一となっています。
そのため子カードを持っているだけではクレジットカード現金化を利用することはできなくなります。

クレジットカード現金化に家族カードを使う場合の注意点

クレジットカード現金化に家族カードを使う際はまず、申し込みに「子」の追加カードではなく「親」の本カードを使うことが重要になります。
そして申し込みを本カードの名義人が行うことも必須となっています。
どうしても代理で申し込まなければならない場合は、名義人の個人情報と身分証を許可を得た上で借りるようにしましょう。
身分証は運転免許証などの顔写真付きのものがあればベストですが、健康保険証などでも代用できることがあります。
身分証の規定は業者によってバラバラなので、事前にヘルプを確認しておくと安心です。

クレジットカード現金化に家族カードを使うことで起こる状況

家族カードの親の本カードを使ってクレジットカード現金化を行うと、その影響は子の追加カードにも及びます。
家族カードのショッピング枠は本カードと追加カードで全て共通となっているため、本カードでショッピング枠を現金化すると当然その金額が残高から差し引かれて追加カードでも利用できなくなります。
追加カードの持ち主にクレジットカード現金化の利用を知らせていないと、決済ができずに困ってしまうという状況も起こり得るため注意しましょう。
特にショッピング枠の大半を使うような大きな現金化利用の際は、必ず家族カードを共有する全ての人に相談をしておくことが大切になります。

まとめ

クレジットカード現金化に家族カードを使うこと自体は可能です。
ただし利用できるのは本契約の対象になっている親カードだけで、そこから派生した追加の子カードを持っているだけでは現金化は不可能なので気をつけましょう。
そして家族カードではショッピング枠が共有となっているので、現金化を利用する時は家族カードの持ち主全てに事前に相談をしておかないとトラブルの元となります。